親を自分の目の前に置き続ける人生

どうもこんばんは!

秋田県・東北地方でリトリーブサイコセラピーという心理セラピー(心理療法)を使って、生きづらさや家族問題など心の悩みの解決をサポートしている心理セラピスト・中川ひろゆきです。

 

先ほど深夜に東京から帰ってきました。

秋田新幹線こまちの社内写真

東京にはリトリーブサイコセラピーのハイパートレーニングコース受講のために行っていたのですが、

八ヶ岳での合宿トレーニングから秋田に帰ったと思ったら、また東京へというハードなスケジュールでした!

(それを選んでいるのは私です 笑)

さすがに疲れましたが、これから4日ぶりに布団で寝て体力を回復させたいと思います。

(東京滞在中はセミナールームで寝袋生活でした)

 

セミナールームの写真

 

さてさて、今回の東京での学びの中からひとつ。

 

生きづらさを抱える人の中には、こんな状態の人がいます。

↓   ↓   ↓

 

親に愛してもらえない、

親を助けられない

という絶望を感じたくないために、

 

「いつか親から愛してもらえるのではないか」

「いつか親を助けることができるのではないか」

と、

 

大人になった今でも、

 

自分で目の前に親を置き続けて、

 

必死で頑張っている。

 

 

無意識下(感覚)では、

今、自分が夫あるいは妻として築いている家族ではなく、

 

自分の幼少期の家族(原家族)の中で生きている。

 

 

今を生きていない。。

 

 

 

それでいいの?

絶望を認めたくなくて妄想している人の画像

 

今日は以上です(^^)/

 

ではではまた~~

 

ねる~~~(-ω-)/