副業の時代のメンタルブロックとは?~老後資金2000万円不足問題から考える~

どうもこんにちは!

秋田県・東北地方でリトリーブサイコセラピーという心理セラピー(心理療法)を使って、心の悩みや問題の解決をサポートしている心理セラピスト・中川ひろゆきです。

 

さて、今週の秋田は、横手市では木曜日に最高気温が29℃にもなるようです。

これから夏に向かっていきますね!

体調管理には十分に気をつけて過ごしていきましょうね。

 

開かれた洋書とハーブの花束の画像

 

今日の話題は?

最近、日本全体が「老後資金2000万円不足問題」でザワザワしていますね。

 

老後の生活資金が年金だけでは2000万円不足するということですが、不足する金額はもっと大きいとか、ぜいたくをしなければ年金だけでもやっていけるなど、いろいろ言われていますね。

 

僕は、自分が送りたい老後の生活を手に入れるためには、

 

  • 老後の生活資金は今から自分で作る
  • 自分の老後は自分で守る努力をする

 

ことだと思っています。

 

そうなってくると、今後はますます副業をする人が増えてくるだろうと思いますし、これからは、自分の個性(好きなことや得意なこと)を生かして、人それぞれ違うことをして生きていく時代だと思います。

 

そこで今日は、これからの時代にメンタルブロックとなりうる

 

「人と違うことをするのが怖い」

 

という心理について書きたいと思います。

 

心理的な原因は?

この「人と違うことをするのが怖い」という人には、どんな感覚があるのでしょうか?

 

人と違うことをすると・・・

 

  • 孤独になりそう
  • 相手にされなくなりそう
  • 攻撃されそう
  • 失敗したら、責任をとりたくない

 

などの感覚があると思います。

 

 

これらの感覚は、最終的には、

 

自分は何があっても守ってもらえるという安心感がない

 

ということにつながります。

 

この安心感がないという感覚は、

 

例えば、

次のような幼少期を送ってきたことによると考えられます。

 

 両親が不仲で、家族のバランスを取っていた

かわいそうな親を守っていた

(親の感情を飲み込む、期待に応えるなど)

親が心に寄り添ってくれなかった

(衣食住は与えてもらったけど・・・)

親から虐待を受けていた

 

などです。

 

これでは、幼少期の自分は、安心感を持つことはできなかったですよね。

 

この安心できなかった感覚を、今も引きずっていると言えます。

 

では、どうすればいいの?

 

幼少期に、自分の心の中に、安心感を築けなかったとしても、今からでも安心感を作っていくことができます。

 

具体的には、

  • 自分で安心感を入れていく

インナーチャイルドワーク など)

  • 心理セラピーで安心感を入れていく

 

の方法があります。

 

リトリーブサイコセラピーでは、

その方の幼少期の家族関係にさかのぼり、

本人と家族(主に親)との関係から来る

不安や恐怖を、安心感に変えていきます。

 

そして、自分の感覚が変わることによって、

行動も自然に変わっていくことを目指します!

 

 

ではでは、今日はここまでにしますね!

 

またね~(^^ゞ

 

☆お知らせ☆

<カウンセリング&個人セッション>

モニター様募集中!!

どうぞお気軽にご利用ください!

カウンセリングや個人セッションのご感想をお願いします。

お申込みはこちらからどうぞ!

↓   ↓   ↓