心の中にある絶対に開けたくない扉

どうもこんにちは!

リトリーブサイコセラピーという心理セラピーで心の悩みや問題の解決をしている秋田の心理セラピスト・なかちゃん です。

 

今日は児童館に娘を迎えに行って来ました。

子ども達が発する元気なエネルギーに触れられて、とても嬉しかったです。

素の自分を大切に育って行ってほしいと思いました(^_^)

 

満開のガザニアの写真

 

さてさて、今日の話題は「心の中にある絶対に開けたくない扉」という話です。

 

みなさんにも、何か嫌な場面になった時に、

「この感情(感覚)を感じたくない!」

「これ以上この感情(感覚)には触れたくない!」

と反射的に反応したことが、きっとあると思います。

 

そこだけは

自分でも触れたくないし、

あるいは自分自身にさえも

そこに「絶対に開けたくない扉」があること

を気づかれたくない

 

自分の心の中に

「ここだけは絶対に開けてほしくない!」

という扉があるのです。

 

開けたくない扉に背を向けて体育座りしている人のイラスト

 

さて、その扉の先には何があるのでしょうか?

 

それは、

 

過去の傷つき体験

 

であり、そこから来る

 

絶望や恐怖

 

ですね。

 

「生きづらさ」や「それをしてみたいと頑張っているけどうまくいかない」の背景には、この過去の傷つき体験から来る絶望や恐怖があります。

 

そして、正直、

傷つきが大きければ大きいほど、

自分一人で向き合うのは難しい面があると思います。

 

と同時に、

 

本当に生きづらさから解放されて、

自分のやりたいことをやり、

なりたい自分になり、

自由に生きていくためには、

 

やはり、

 

ここに向き合って乗り越える

 

ことが必要だと痛感しています。

 

絶望する人のイラスト

「心の中にある絶対に開けたくない扉」

の先にある、

 

見たくない過去の心の傷、

 

そしてそこから来る

 

絶望や恐怖

 

それと向き合って癒して乗り越えたい方には、

心理セラピーがお役に立てると思います。

 

すぐに癒して乗り越えることは難しいけれど、

傷つきが深ければ深いほど時間はかかるけれど、

 

そこにじっくりと向き合えば、少しずつ本来の自分にかえっていくことができます。

 

それから、

何となく生きづらさがあったり、どうしてもうまくいかないことを抱えている方は、

「絶対に開けたくない扉」に、無意識で気づかないようにしているのかもしれません。

 

開けたくない扉に背を向けて体育座りしている人のイラスト

そんな時も、あなたの生きづらさ・困りごと・問題行動のとなっている、その扉を探り当てることができます。

 

ご興味のある方は、ぜひどうぞ!!

 

リトリーブサイコセラピーの

モニター様を募集中です!!

↓   ↓   ↓

☆お知らせ☆

<カウンセリング&個人セッション>

モニター様募集中!!

どうぞお気軽にご利用ください。

カウンセリングや個人セッションのご感想をお願いします。

お申込みはこちらからどうぞ!

↓   ↓   ↓


Twitterもやってます!

ツイッターのマーク

ぜひフォローお願いします!!

↓  ↓  ↓

https://twitter.com/nakahiro_akita