自分の頭で考えなくてもいい~ラクだけど危険です~

どうもこんにちは!

リトリーブサイコセラピーという心理セラピーで心の悩みや問題の解決をしている秋田の心理セラピスト・なかちゃん です。

 

今日も、蒸し暑いですね(+o+)

湿度に体力が奪われていきます。

暑くてもカラッとして風があればいいのですが・・

 

風になびく風鈴の写真

 

さてさて、

今日の話題は、「自分の頭で考えなくてもいい~ラクだけど危険です~」という話です。

 

みなさんは、

日々の生活の中で、

「自分の頭で考えている」

という感覚はありますか?

 

自分で何かを決めようとする時や、

自分が主導権を持って何かをしようとする時、

いつも、

頭が真っ白になったり、

脳が止まってしまうような状態

になったりしませんか?

 

もしそうだとしたら、実は、

自分で「自分の頭で考える」ことを止めている

のかもしれません。

 

自分で考えることを止めている人のイラスト

この「自分の頭で考えない」ということは、

とてもラクなんですね。

 

・自分であれこれ頭を使って考えなくてもいい

・自分で決めて自分で責任を持たなくてもいい

・人のせいにできるので、ダメな自分を感じなくてもいい

 

そして、

「自分の頭で考えない」ことで、

 

誰かに依存していられる

 

という大きなメリットがあります。

 

ここでいう依存するということは、

 

誰かの支配を受け入れることで、居場所がある

誰かのお世話をすることで、居場所がある

 

ということですね。

 

「自分の頭で考えない」ことは、

今時点では、ラクでメリットが大きいけれど、

このままの状態が続いた場合、

将来に大きな危険が待っています。

 

それは、

もし、その依存対象がいなくなったら?

という危険です。

 

依存対象への依存が大きければ大きいほど、

失った時の喪失感や絶望は大きくなります。

絶望して倒れている人のイラスト

ですので、

10年、20年先の未来はどうなるか?

という未来の視点を持つことが大事だと思います。

 

仮に10年、20年先の未来でも依存を続けられ、

あるいは次の依存先を見つけられたとしても、

 

ずっと依存対象の

「こうしてね」

「こう考えた方がいいよ」

「こう生きてね」

に従って生き続けることになりますね。

 

ですので、

「私は、○○をしたい」

 

という、「私」を主語にした自分の欲求や願望を叶えられないことになりますね。

 

自分の欲求がない人のイラスト

 

では、

自分の人生を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

僕は、誰かに依存してしまう理由は、

 

自分の中に安心感がないから

 

だと思います。

 

ですので、

安心感を自分の中につくっていくことが、自分の人生を取り戻すために必要だと思います。

 

リトリーブサイコセラピーでは、あなたの幼少期の家族関係にさかのぼり、生きづらさをつくり出している恐怖がどこから来ているのかを特定し、恐怖を安心感に変えていきます。

 

自分の中に安心感が育てば、生きづらさは少しずつ減っていきますね!

 

ご興味のある方は、ぜひどうぞ!!

 

 

リトリーブサイコセラピーの

モニター様を募集中です!!

↓   ↓   ↓

☆お知らせ☆

<カウンセリング&個人セッション>

モニター様募集中!!

どうぞお気軽にご利用ください。

カウンセリングや個人セッションのご感想をお願いします。

お申込みはこちらからどうぞ!

↓   ↓   ↓


Twitterもやってます!

ツイッターのマーク

ぜひフォローお願いします!!

↓  ↓  ↓

https://twitter.com/nakahiro_akita

 

8月12日(月・振替休日)開催

募集開始!!

↓   ↓   ↓

ZOOMオープンカウンセリングバナー

 

9月スタート 募集開始!!

↓  ↓  ↓

大阪リトリーブサイコセラピー基礎コースバナー