感情も商品~感情も一緒に付けて!~

どうもこんにちは!

秋田県・東北地方でリトリーブサイコセラピーという心理セラピー(心理療法)を使って、生きづらさや家族問題など心の悩みの解決をサポートしている心理セラピスト・中川ひろゆきです。

 

昨日東京から秋田に夜遅く帰ってきたのですが、今日朝起きたら自分の顔のクマがすごかったですね~~

 

自分の顔にビビりましたね。自分はすぐに目の下にクマが出来るんですよね~~

 

パンダが仕事をしている画像

 

さてさて、今日の話題は、「感情も商品~感情も一緒に付けて!~」というはなしです。

 

何のことかというと、昨日、今日とお店で飲食をする機会があったんですね。

 

とんかつ食べたり、道の駅でコーヒーを飲んだりしたんですけど、

とんかつの画像

(どうしても肉食べたかったんだよね~~)

 

その時のお店の接客について思ったことです。

 

僕は O型でわりとどうでもいいタイプの人間で、サービス精神がどうのこうのとか、もっと笑顔をとか、早くメシ持って来い!とか、言わないですが(言ったら立派なクレーマーだな・・・)、

 

ただ、残念だったのは、

 

接客で、

 

店員さんの感情が伝わってこない!

 

ことでした。

 

僕がお店に来て、

 

うれしいのか?

ありがたいのか?

 

それとも、

 

今からまかないを食べようとしているときに来やがってと思って、

 

うれしくないのか?

迷惑なのか?

 

機械的な対応だったり、店員さんの感情がイマイチ伝わってこないので、残念でした。

 

商品は悪くないだけに、

 

もったいない!

 

と思ったのです。

 

そうです。今日は「感情」にまつわる

 

もったいない話

 

を書きますね!(書きながら思いつく!)

 

みなさんは、「感情」というものについて、どんな風に思っていますか?

 

僕は、「やっかいなもの」と思ってました。

 

何か得体の知れないやっかいなもの

 

できればあまり関わりたくないもの

 

さらに言えば、

 

絶対に感じたくないもの

 

でしたね。

 

絶対に感じてはいけない男だったんですね!

 

なぜか?

 

恐怖を感じたくないから

 

です。

 

僕に限らず、人間が一番感じたくない感情は、

 

ズバリ、

 

恐怖です。

 

これを感じたくないから、無意識で、

 

あれやこれや、あの手この手で、

 

自分で問題を創り出して

 

恐怖を感じないようにしているんですね!

 

そして、恐怖や不安とか悲しみとか怒りとか、ネガティブな感情を感じたくなくて、

 

それを抑圧して感じにくくさせると、

 

うれしい、たのしい、気持ちいい~~、ルンルンな気持ちも、

 

感じにくくなるんですね!

 

もったいない!

 

でも、恐怖や不安、悲しみなどを感じるくらいなら、

 

楽しい、うれしい、ワクワクも感じなくてもいいという人もいるかと思います。

 

自分は「低め安定」でいい!!

 

というのですね。

 

どっちがいいですか?

 

僕は「低め安定」志望の人間でしたが、リトリーブサイコセラピーを学んでいくうちに、

 

少しずつ、、それでは

 

もったいない!

 

と思うようになりました。

 

リトリーブサイコセラピーの先輩セラピストさんたちからセラピーを受けて、恐怖が薄くなったからですね。

 

ところで、「恐怖」って、具体的にはどんな恐怖なの?

 

ということになると思いますが、人それぞれいろいろあって、それはまた別の機会に書きますね!

 

ではではまた~ (‘◇’)ゞ

 

リトリーブサイコセラピー基礎コース

(↑リンクになってます)