男性に悩みはないのか?

どうもこんにちは!

秋田県・東北地方でリトリーブサイコセラピーという心理セラピー(心理療法)を使って、生きづらさや家族問題など心の悩みの解決をサポートしている心理セラピスト・中川ひろゆきです。

 

今日は、2日間にわたって行われる日本リトリーブサイコセラピー協会主催のゲシュタルト療法ワークショップの第1日目でした。

 

ゲシュタルト療法は、「いまーここ」(Here&Now)での自分への気づきを重視する心理療法なんですが、ファシリテーターのモーガン・グッドランダー氏によるセッションは、涙あり笑いもありの素晴らしい内容でした!

明日もとても楽しみです!!

 

さてさて、今日の話題は「男性に悩みはないのか?」です。

 

悩む男性の画像

 

今日のワークショップをはじめ、リトリーブサイコセラピーの講座や勉強会では、

 

女性の参加者の方が圧倒的に多い

 

んですね。

 

そして、

 

男性の参加者は圧倒的に少ない。

 

他の心理の講座やセミナーでも、程度の差こそあれ、

 

参加者は、

 

女性 > 男性

 

であると思います。

 

そこで僕の頭に疑問が浮かんできます。

 

女性の方が男性よりも悩みを抱えているのか?

 

女性には問題があって男性には問題がないのか?

 

男性は悩みがあっても平気なのか?

 

男性の方がタフなのか?

 

僕(40代半ば)の人生経験では、とても、、、

 

男性の方が強いとは思えない。

 

むしろ女性の方が強いのではと思う機会の方が多いですね。。。

 

男性のみなさんはどう思いますか?

 

やっぱり、

 

男性も悩んでいるし、

 

心理的な問題を抱えて苦しんでいることもある

 

と思うのです。

 

では、男性はどうしているのか?

 

 

「自分一人で何とかしようとしている」

 

あるいは、

 

「悩みや問題をないことにしている」

 

 

のではないかと思います。

 

残念ながら、

 

ないことにはできない

 

ですね。。。

 

溜めに溜めた悩みや問題は、いつか何らかのきっかけを借りて(あるいは自らきっかけを創って)、吹き出すことでしょう。。。

 

仕事と一緒ですね

 

問題の先送りは後でエライことになる!!

 

今日のゲシュタルト療法ワークショップのモーガン氏が、ホワイトボードに大きく書いていました!!

 

 

「STOP HIDING」

 

自分の問題を隠すのはやめよう!!

 

 

ではではまた~(‘◇’)ゞ